エスティマの走行性能、ここでもコンセプトは「上質」

エスティマの基本的なコンセプトは「上質」という部分にあります。そ

して、コンセプトというのは車を作る上でのバランス設定にそのまま反映されますので、エクステリアやインテリアはもちろん、走行性能にも「上質さ」というのがしっかりと反映されています。そんなエスティマの走行性能についてご紹介をさせていただきたいと思いますが、その前の前提として「一体、エスティマはどんなポジションを狙っているのか?」という部分を確認しておきたいと思います。

エスティマはミニバンと呼ばれるジャンルの車になるとの事ですが、ミニバンと聞いてパッと頭に思い浮かぶトヨタの車と言えば、ヴォクシーやノアといった車ですよね。最近ではトヨタからさらにエスクァイアという「ヴォクシーやノアの高級版」といった車もデビューしています。

テレビCMなどでよく流れているように、ヴォクシーのコンセプトは「カッコイイ父親」、ノアのコンセプトは「ミニバンのスタンダード」、そしてエスクァイアは先述の通り「高級版」ということになっていますので、ここにさらにエスティマをラインナップに加えているのには、一体どんな狙いがあるのか?という疑問が生まれます。

余計な心配ではありますが「誰が買うのだろうか?」という印象もあるかもしれません。しかし実際に街に出れば、エスティマというのはよく見かけます。特徴的な外観ですので気付きやすいという部分もありますが、それでも比較的、よく見る車種です。つまりエスティマはしっかりと支持され、売れているクルマという事ですね。調べてみれば分かることですが、エスティマは1990年にデビューしてもう25年以上も歴史を重ねているクルマです。

しかしまだ3世代目。つまりモデルチェンジの必要がないほど特殊な地位を得ていて、なおかつ、しっかりと支持されえ売れているという事が言えます。ではそのポイントはどこにあるのかというと、それこそが「高級さ、上質さ」というエスティマのコンセプトなのです。

エスティマの走行性能、数値はどうなっている?

エスティマの走行性能について、その数値をチェックすると「高級さ、上質さ」というのが、ありありと分かります。具体的なエンジンのデータをご紹介しますと、排気量は2,362Lですので、2.4Lクラスとなっており、最大出力は125kW(170PS)/6,000rpm、最大トルクは224Nm(22.8kgfm)/4,000rpmとなっています。

この、出力やトルクについて苦手意識をお持ちの方もおられるかもしれませんが、本当にザックリをご紹介をさせていただくと、上記データの右側に書いてある「rpm」というのは、「revolution per minute」の頭文字を取ったもので、1分間の回転数を示す単位です。つまり6,000rpmというのは毎分6,000回転ということですね。

何が回転するのかというのは、もちろんエンジンのことになります。ですので最大出力のデータは、エンジンの回転数が6,000rpmの際に最大出力125kW(170PS)が出ますよというデータとなります。馬力で言えば170馬力となります。

最大トルクも同じような形となっていて、エンジンの回転数が毎分4,000回転の時に、最大トルクとなる224Nmが出ますよという数字になります。

これらの数字をもっと具体的に調べるとなると、ギア比や減速比、タイヤサイズといった他のデータも参考にしていく必要が出てきますが、ここではあくまで簡単に、上記の最大トルクのデータだけをチェックしてみたいと思います。

一概には言えませんが、基本として最大トルクが大きく、回転数が少なければ、少ない回転数でも車が動いてくれるということになります。実際にヴォクシーやセレナといった2.0Lクラスのミニバンと比べると、エスティマの最大トルクのデータはより上位となる数字となっています。

これは実際に運転した時にどんな印象を受けるのかというと、「静かにスッと動いてくれる」「軽く動いてくれる」といった言葉で表現される形となり、結果として走行性能に対して「高級さ、上質さ」という印象を感じられるようになります。

ここでもエクステリアやインテリアと同じで、大事なのは「高級感」や「上質感」という表面的な話ではなく、実際に高級で上質であることが、エスティマのコンセプトとなっているのですね。

高級車としては物足りないという意見も

エスティマのコンセプトは「上質さ」ということですが、実際に高級車として広く認知されているアルファードやベルファイヤには、排気量が3Lを超えるモデルというのがエントリーされています。3.5Lといった大きなエンジンを積んでいると、やはり、より静かに、より力強い加速というのが体験できます。

おそらく感覚としては、たとえば2.4Lエンジンと、3.5Lエンジンでは、「全く次元が違う」と感じる事もあるでしょう。そういった意味でエスティマは、コンセプトが「上質さ」ということで、ヴォクシーやノアと比べると確かに上質であることは確かなのですが、高級車に至るほどではないという、「やや物足りないかも」といった印象を受ける方もおられるかもしれません。

エスティマの走行性能、主婦の方でも安心?

エスティマの走行性能については、主婦の方でも安心して運転できるような設計となっています。エスティマは、小さな子ども育てているファミリー層からも支持されていますので、男性でも女性でも、しっかりと運転できる走行性能となっています。

基本としては、加速、停止、曲がるという部分が評価される走行性能ですが、そのいずれについても、自然に違和感なく運転できるのではないでしょうか。

エスティマが勝負しようとしている部分を確認しよう

エスティマの走行性能をチェックして見えてくるのは、やはり「上質さ」という部分です。高級車にいたるほどのレベルではないけれども、確実に、ヴォクシーやノアといったミニバンよりも上位という仕上がりになっているためです。

エンジンの排気量だけを見てもそれが感じられますね。走行性能については、データを見る事でいろいろ分かることも多いと思いますが、そのいずれのデータに関しても、2.0Lクラスのミニバンに比べて、明らかに上質です。エスティマはそういった、2.0Lクラスのミニバンではやや不足を感じている方にとって、最適なモデルと言えるでしょう。

>>ミニバンの各車種を比較してみた

まとめ

エスティマの走行性能を見てきましたが、いかがでしょうか?

走行性能については、データを見て分かることも多いのですが、最後はやはり試乗をして、実際に自分で体感してみる事が大切になってくるかと思います。

エスティマの走行性能が気になる方は、ぜひお店に足を運んで、実際にチェックしてみていただければと思います。

エスティマのエクステリア、その美しい外観をチェック

エスティマのエクステリアと言えば、あの特徴的な美しい外観と特徴的なフェイス周りではないでしょうか?

たとえば同じトヨタの車でも、「ノアとヴォクシーは見分けが付かない」「アルファードとベルファイアの違いが分からない」という人であっても、エスティマだけはそれがエスティマだと分かる。

そう言ってもいいくらいに特徴的で美しいエクステリアをしています。

まずはそのエスティマの歴史について少しご紹介をしたいと思いますが、エスティマのエクステリアには、とても長い歴史と、その中での進化、進歩というのがいくつも重ねられています。デビューしたのは1990年となっていますので、すでに25年以上もの歴史を持っているのですが、デビュー当時からあの特徴的な「卵型」のエクステリアとなっていました。

初代のエスティマには前期型、中期型、後期型という3つのモデルがありますが、エスティマの特徴とも言えるあの細長い目つきもこの当時からあったものです。

つまりエスティマのエクステリアというのは、25年以上という長い歴史がありながら、基本的な部分では同じコンセプトを受け継いでいるという事になります。

クルマによっては、初代と2代目でコンセプトに変更があったり、2代目と3代目ではまるで違う車のようになってしまうモデルもありますが、エスティマのエクステリアに関して言えば、今でも1990年デビュー当時の「近未来的な卵型」というコンセプトが、そのまま貫かれています。

 エスティマのエクステリアは、ビジネス的にも成功?

エスティマは現在で3世代目となっており、2006年にデビューしています。

25年もの歴史がありながらまだ3世代目ということで、少し少ないような印象を受ける方もおられるのではないかと思います。たとえば同じトヨタのカローラであれば、現在は11代目となっています。

もちろんカローラは1966年デビューですので、全く歴史の長さが違いますが、エスティマがデビューした1990年では第7代目カローラとなっていました。そこから現在までに4回のフルモデルチェンジをしている事になりますが、エスティマは2回。

これは車の用途やコンセプトといった部分も関係しますので単純比較してもほとんど無意味かもしれませんが、つまりエスティマという車は、あの特徴的なエクステリアが「認知度の高さ」に繋がっているということなんですね。

カローラはセダンで、競合もたくさん存在しています。しかしエスティマには、エスティマと同じようなエクステリアの競合は存在しません。排気量やシート数など、他の要素では競合もいますが、冒頭にも書きました通り、「エスティマは、見た瞬間にエスティマと分かる」というエクステリアについての特徴があるのです。

こういった「よく認知されてる」というのはビジネスとしても成功要因になります。つまり「あの車って、ヴォクシー?ノア?それともセレナ?」となるよりも「あの車はエスティマだね」となる方が売れやすいという事ですね。

だからこそエスティマはフルモデルチェンジも少なく、エクステリアのコンセプトも1990年デビュー当時から変わらないのかもしれません。初代、2代目、3代目と、どのエクステリアを見ても、「エスティマはやっぱりエスティマ」という形となっています。これがエスティマのエクステリアの大きな特徴の一つと言えます。

 エスティマのエクステリア、流線形を代表する華麗なスタイリング

エスティマの特徴と言えば、あの流線的なスタイリングです。卵型という近未来を感じさせるスタイリングは1990年のデビュー当時から現在まで貫かれており、難しい言葉で表現するなら、エスティマのアイデンティティーともなっています。これは簡単なように見えて、実はトヨタならではのノウハウ、知識、経験、技術を感じられる部分でもあります。

というのは、初代、2代目、3代目と、確実にブラッシュアップされ、確実に洗練されていっているのを感じると同時に、卵型というコンセプトには一切のブレがありません。スタイリングなど、エクステリアについてのコンセプト貫きつつフルモデルチェンジをすると「どこが変わったのか分からない」という状態にもなりかねません。

しかしエスティマは、確実に変わったと分かるのに、それと同時にコンセプトが変わっていない事も分かります。どの世代のエスティマを見ても、それがエスティマだと分かる。そのスタイリングには、素晴らしい経験や知識が詰め込まれているわけですね。

エスティマのエクステリア、カラーリングはどうなっている?

エスティマのカラーリンツについて、現行モデルとなる3代目についてご紹介をいたします。ややクールな色が多くなってはいますが、自身を主張するカラーリングや、ツートーンが選べるところも特徴的です。

ノアやヴォクシー、セレナといったミニバンは1色のみとなっていますが、そこはやはりスタイリングを重視するエスティマですね。

 エスティマのカラーバリエーション、まとめ

エスティマのカラーバリエーションは、シンプルカラーが7色と、ツートーンが3タイプとなっています。

■ホワイトパールクリスタルシャイン

■シルバーメタリック

■ブラック

■アイスチタニウムマイカメタリック

■スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

■レッドマイカメタリック

■ダークシェリーマイカメタリック

続いてツートーンタイプです。順番は、ルーフカラー×ボディカラーとなっています。

■ブラック×レッドマイカメタリック

■ブラック×ダークシェリーマイカメタリック

■ブラック×アイスチタニウムマイカメタリック

エスティマのエクステリア、見ただけで分かるあの「顔」をチェック

最後にエスティマのエクステリアについて、あの特徴的な「顔」もチェックしたいと思います。初代からずっと「細長い目つき」というデザインが一貫していますが、現行モデルとなる3代目は、やや吊り上がった鋭い印象の目つきとなっていますね。

エスティマは見ただけでエスティマと分かる、という事をご紹介いたしましたが、やはり顔というのはその代表格ですね。デビュー当時からのコンセプトが今もしっかりと受け継がれています。

 まとめ

エスティマのエクステリアについて見てきましたが、いかがでしょうか?25年以上の歴史がありながらも一貫しているコンセプト。それがエクステリア全体に行きわたっているのが大きな特徴の一つでした。

エスティマのエクステリアが気になる方は、ぜひお店に足を運んで、実際にご自身の目で見て、手で触れてみていただければと思います。

エスティマのインテリア、その特徴をチェックしてみよう

エスティマという車は、その位置づけが少し特殊であるとも言えます。

ミニバンの代表格とも言われるエスティマですが、ミニバンと言えば、たとえばトヨタならノアやヴォクシ、エスクァイアといった車がありますし、競合ではセレナやステップワゴンといった車があります。更には、それらの上級モデルと言ってもよい、アルファードやベルファイヤ、エルグランドといった車もあります。

クルマ選びをする上で、こういった車の排気量といった大きさという部分で分けて考えるパターンと、価格や質感といった部分で分けて考えるパターンとがあると思いますが、そんな中でヴォクシーやセレナというのは、ある程度まで価格を抑えて、排気量も2.0Lほど。でも同じ排気量でも、やや高級モデルとしてエスクァイアという車もあります。

また、アルファードやエルグランドというのは高級車で、排気量は2.4Lから3.0Lですが、単に排気量だけ多くてインテリアなどこだわらず、少しでも安くということであれば、ハイエースといった選択肢も出てきます。

ではそんな中でエスティマのインテリアというのはどういう位置づけになっているのか?価格を抑えて、シンプルな仕様となっているノアやセレナ寄りなのか?それとも高級仕様なのか?というと、エスティマのインテリアに関しては完全な高級仕様だといえると思います。

クルマに詳しくない人でも分かりやすいのは、2列目シートの仕様ではないかと思います。ノアやヴォクシーといったグレードの車は、確かにインテリアもオシャレに作られていますが、2列目シートはあくまで「シート」という形です。

それに対してエスティマは、3列目シートを格納してしまうことで、2列目シートをかなり後ろの方までスライドさせることができる上に、足を乗せてリラックスできる装備まで付いています。

2列目シートを3列目シートの位置ほどにまで下げれば、もはや車の中とは思えないほどの空間を作ることができ、圧倒的なリラクゼーションを得る事ができます。

 エスティマのインテリア、コンセプトは「高級である事」

エスティマのインテリアについて、コンセプトははっきりと「高級であること」となっています。ミニバンといえば家族向けの車というイメージが強いですが、エスティマに関して言えば、もちろん家族向けではありますが、特に高級であることをコンセプトにしたインテリアとなっています。

特にシートアレンジは先述の通りで、ノアやセレナといったミニバンのインテリアとは一線を画すものがあります。

 高級感と、高級であることは全く違う

よく車のカタログや、公式のウェブサイトを見ていると「高級感」という言葉が出てきます。実はこの言葉には、注意しておかないといけない部分があります。

わざわざ確認しなくても分かっているという方も多いのではないかとは思いますが、高級感というのはあくまで「感じ」だという事なのです。エスティマのインテリアに関して言えば、高級感ではなくて、明らかに「高級」な仕様となっています。

特にシートアレンジやシートの装備については、一目瞭然ですね。ヴォクシーやノアといったモデルには無い装備が充実しています。ですのでこれは高級感ではなくて、「高級である」という事になります。それに対して高級感というのはあくまで「感じ」であって、パッと見た目がなんとなく高級な感じがするという事になります。

もちろん高級感がダメだという訳ではありません。クルマに限った話ではなく、モノ作りには予算というものがあります。限られた予算の中で、よいユーザーにとって良いものを提供しようと考えた時、「予算は限ら得ているけど、少しでも高級さを感じで欲しい」という想いで工夫をして高級感を出すことは、とても尊いことだと思います。

ですので決して否定をするのではなくて、正確に「高級である事」と「高級感」という違いについて確認をして、比較検討をしながら車の購入を進めていく方が、購入後に公開する事や失敗したともう事が少なくなる、あるいは防止できるということですね。

エスティマのインテリア、運転席やインパネ周辺もチェック

エスティマのインテリアについて、やはり運転席やインパネ周辺からも高級仕様であることが分かります。使いやすい配置である事に加えて、やはり運転席やインパネ周りというのは、車に乗った瞬間の印象や、「乗るたびに気分の上がる」というカタチになっているという事も大切なポイントとなります。

乗るたびにワクワクして気持ちが高まるインテリア、インパネ周辺というのは高級仕様の基本ですね。エスティマのインテリアについては、そういった部分もしっかりと押さえられています。

 エスティマのインテリア、細かい装備も外していない

エスティマのインテリアについて、もはや言うまでもないことかもしれませんが、カップホルダーなどの基本的な装備は一切、外していません。

公式サイトをチェックしていただえればすぐに分かることではあります、インテリアの基本装備を全て網羅したうえで、たとえばスピーカーの仕様であったり、メーターの視認性、快適に過ごすための装備といったものが上乗せされている形です。

まとめ

エスティマのインテリアについてご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

エクステリアが特徴的で、天才タマゴとも呼ばれていたエスティマは、「外観は良く知っているけど、インテリアが高級仕様なのか、予算を抑えた仕様なのかが分からない」という方もおられるのではないかと思います。

エスティマのインテリアがに気になる方は、ぜひお店に訪れて実際にご覧になってみてはいかがでしょうか。